九州新幹線の沿線について

九州新幹線の沿線について

九州新幹線は全線が開通した事によって、博多を起点として、ここから出発していく事ができるようになりました。

また、九州新幹線は山陽新幹線とも接続しているために、新大阪側からそのままやってくる事もできるようになっているのです。

博多を出発した九州新幹線は、そのまま九州を南下していくものとなっており、福岡県から鳥栖、久留米、おして熊本県に入って、熊本と降りていくように進んでいくものとなっています。

そして新八代ですでに開業している部分の九州新幹線と接続をして、更に九州を南下、新水俣、出水、川内といった駅を通過していって、最終的には鹿児島中央にまで至ると言うルートをとるものとなっているのです。

この九州新幹線の開通によって、九州地方の利便線は大幅に増したと言う事ができるでしょう。

九州では本州と違って、新幹線が通っていなかったが為に、不自由する事もあったのですけれども、九州を縦断するという姿をした特急列車は今までありませんでした。

そこに来て新幹線が開通した事によって九州が縦に繋がる事になって、各都市間の利便性が大きく増す事になったのです。

開通したばかりのこの路線ですが、新幹線による都市の活性化など、今後の活躍に期待が持たれます。

≪PRサイト≫
粗大ゴミ片付け 滋賀