九州新幹線を走る運行

九州新幹線を走る運行

九州新幹線を走る運行列車については、現在では3種類の運行があって、それぞれが役割を持つ形になっています。
まず九州新幹線の中で最も長い区間の運行を担当する事になっている最速達列車となっているのが、「みずほ」になります。

種別カラーはオレンジ色となっており、これは新大阪から運行されている列車で、九州新幹線内での途中停車駅は熊本駅のみとなっている速い運行となっています。続いて速い運行とされているものが「さくら」で、こちらも新大阪から鹿児島中央間で運行されている山陽新幹線と九州新幹線を速達したタイプの車両となっています。

九州新幹線の中では熊本と川内に全列車が停車する他、運行によって他の場所にも一部列車が停車するものとなっています。現在では、山陽新幹線に直通するのは2往復のみとなっています。そして「つばめ」は博多から鹿児島中央駅の間の九州新幹線内のみで運転されている各駅停車タイプの列車になります。

部分開業をしていた時の列車名は全て「つばめ」で統一されていましたが、現在は各駅停車としての九州新幹線の運行のみがこの「つばめ」となりました。地域間輸送や、「さくら」の補完列車としてこれがあります。

九州新幹線のみならず、山陽新幹線にも乗り入れる事によって、大きく利便性が増しています。