つばめ、さくらの800系・新800系

つばめ、さくらの800系・新800系

九州新幹線において、「つばめ」そして「さくら」と名づけられている車両が、800系、そして新800系になります。

これは、すでに九州新幹線の先行開業時代から走行していた新幹線になり、そのコンセプトは機能美を追求した、21世紀にふさわしい、日本の新幹線であるとされています。

この800系新幹線は、コンセプトが時代がもとめているもの、最新の素材、そして先端技術の工法を駆使するというものにありますが、一方で、地域にある職人伝承の技とコラボレーションする事によって、落ちついた和の雰囲気をももたらそうという点が特徴になります。

他の地方の新幹線と違うのが、落ちついた、そして気品のある雰囲気になっている新幹線であるという点です。

800系は九州新幹線の顔ともいえる姿になっており、これは製作した会社がJR東海や、東日本、そして西日本でも無く、今まで新幹線製作に当たった事がない、JR九州が製作したために、その姿が、全く新しい新幹線とも取れる姿となっているのです。

そのため、博多駅でN700系から新幹線を乗り換えると、今までに乗った事がない、全く新しい新幹線という、また違う姿を味わう事になるでしょう。

「つばめ」の運行速度は250kmほどとなっており、新幹線としても優秀な運行速度を持っています。

【おすすめサイト】
三重県でゴミ屋敷化してしまって、困った!
という方は、三重 ゴミ屋敷整理にお任せください。