みずほ、さくらのN700系新幹線

みずほ、さくらのN700系新幹線

N700系の新幹線と言えば、すでに、東海道新幹線、山陽新幹線で走行していた新幹線として良く知られているものとなっており、現在では両新幹線では最大の主力として走っている車両です。
その新幹線が、この度「みずほ」そして「さくら」という名前を冠して、九州新幹線にまで直通運転をしてくるものとなりました。

N700系の新幹線は、今までも主力として動いているのですが、九州新幹線では速達列車として運行される事になり、また、新大阪から鹿児島中央間を運行するこの新幹線は、東海道・山陽新幹線からは大きくマイナーチェンジがされているのです。

マイナーチェンジされた九州新幹線用のN700系は、つばめの800系とも似たような日本的なたたずまいを表現してくれると言う、新しい姿となっています。和のもてなしを意識したデザインとなっているのがその特徴となっており、力強さ、そして美しさといったものが、N700系の流線型フォルムと合わせて、コンセプトを明確なものとしています。

桜の幹を基調にした、手すりやテーブル、そして窓際にも本物の木材などが使用されており、洗練された、日本的居住空間が客室の中に再現されるような形となりました。

従来からあったN700系よりもより、和の雰囲気が強調した姿となっています。