九州新幹線vs航空機どっちが便利? 時間編

九州新幹線vs航空機どっちが便利? 時間編

九州新幹線が開通した事によって、日本の鉄道網がまた新しい姿となりました。

新大阪から直通で鹿児島中央まで行けてしまうのは、ようやく実現する事が出来た、西日本と九州の接続になります。さて、今までこのルートを移動するために最も便利なのは航空機でした。

そこに来て新しい新幹線の開通となったわけですが、これは果たしてどちらが有利と言えるものなのでしょうか?まず時間で比較してみましょう。航空機では、大阪の空港から鹿児島の空港までは1時間程度しかかかりません。途中の都市、博多の福岡空港、熊本などでしたら、1時間もかからないで到着できます。

これが、新幹線の新大阪から鹿児島中央までですと4時間の時間がかかるものとなってしまい、時間だけを見ますと、新幹線の方が大きく不利であるかのように思えます。しかしながら、空港というのは都市の中心にない事があります。現に、大阪の関西空港から、大阪市街地はかなり離れています。こうしたアクセスも時間がかかってしまうでしょう。

そして航空機は入場の際に手続きなどが必要になってしまい、これも結構手間取ってしまうものです。
単純な時間計算では航空機の方が便利ですが、様々にかかってしまう手間の事を考えると、新幹線の方が便利ではあるのです。