九州新幹線の運行ダイヤは?

九州新幹線の運行ダイヤは?

世界でもトップクラスの運行本数を持っていると言う新幹線なのですけれども、これは一体どのくらいの頻度で運行されているものとなっているのでしょうか?

新たに設定されたばかりの九州新幹線の、運行の姿と言うものを見ていきます。

日中についてですが、基本的には、1時間に4本の運行がされているものと考えて良いです。

その内訳は、各駅停車に当たる、「つばめ」が2本運行されており、速達列車で、新大阪まで直通する「みずほ」も1本運行されるようになり、九州内で完結する「さくら」の運行がさらに1本という形になっているのです。

九州新幹線の運行は、博多から鹿児島中央の間となっていますが、「さくら」は山陽新幹線に乗り入れて、新下関まで運行されるものとなっています。

また、1時間に2本運行されている「つばめ」は、博多から熊本の間の区間運行になっているものが1本、熊本から鹿児島中央まで運行されるものは1時間に1本という形になっており、博多から熊本までの方が運行本数が多く、熊本から鹿児島中央までの運行の方が1時間に3本と少なくなっているのです。

これが日中の話で、早朝と深夜には、鹿児島中央と川内という短い運行もされていたりして、それは時間帯によってさまざまとなるのです。

【PR】
掛け軸の買取り店を探してるなら、掛軸買取り 島根がオススメです。

自分で相見積もりをとるなど、面倒なことは全部代行してくれますよ。