九州新幹線それぞれの駅について

九州新幹線それぞれの駅について

九州新幹線には新幹線の為に作られた幾つもの新しい駅があります。

特にJR九州では他の地方よりも凝った造り、モダンな造りの駅が中心となっています。まず博多駅は、以前からある駅ですが、上質で情緒豊かな、そして地域に親しまれる駅という姿となってリニューアルするものとなりました。

新鳥栖駅は新たにつくられた九州新幹線の駅になります。そのコンセプトは、「はばたく〜新しい時代、交流ゲート」という名前の駅となっていて、鳥の巣というモチーフから、山並み、スカイラインと調和したデザインとなっている駅になります。

久留米駅は、久留米市の歴史にある、文化やアートを基本とした姿となっており、アートギャラリー空間がイメージされたものとなっています。

軒先が曲面になるなど柔らかな印象です。
熊本駅は、悠久なる自然と風格が映える駅となっています。

熊本県の新しい玄関口としての姿を持っていて、城門をモチーフとした独特な姿の駅となっています。

新八代駅はすでに出来ていた駅ですが、ガラスのカーテンウォールなどが組み合わされたダイナミックなアーチとなっており、近未来的な姿を持っています。

鹿児島中央駅は九州新幹線の終着駅。

外から見られる駅という姿になっており、南国である鹿児島の明るさ、解放感を持つ駅となっています。

【PR】
婚礼家具処分で困ったら、婚礼家具処分 福山にお任せください。

どんな婚礼家具でもスッキリ片付けします。