九州新幹線沿線の都市 鹿児島

九州新幹線沿線の都市 鹿児島

九州新幹線で博多からずっと辿っていき、そして終着点で降り立つと、そこは鹿児島氏となっています。

鹿児島は九州でも最南端に近い場所に位置している市となっており、鹿児島県の県庁所在地ともなっている場所です。南九州の拠点とされている都市で、政治や経済、文化や交通の中心地ともなっています。

そして、博多、北九州、熊本に次ぐ、九州では第4位の人口を持つ都市となっています。九州では南端部に近い場所となっており、福岡市からは南へ280km、そして熊本市からは南へ180kmの場所に位置する形になっており、鹿児島市は薩摩半島の北東部と、桜島周辺となっています。

桜島などには多くの観光客が訪れる観光都市となっていますが、平野部の大部分が商業地域、住宅地域、そして工業地域などに占められており、その耕作地域はほとんどありません。桜島以外は市街地が広がっている姿となっており、特に鹿児島市や、その周辺で街という言葉を使うならば、それは天文館であると通じてしまうほどに、市内中心部にある天文館は大きな役割を示しています。

現在においても、天文館地区、天文館本通アーケードなどは鹿児島市の中心繁華街として機能するものとなっており、飲食エリアとしては、千日町、山之口町などが代表的な存在となっているのです。